お金がないという理由だけで
ゴールデンウィークを満喫することを
あきらめてしまうのですか?

ゴールデンウィークは旅行に遊びに満喫したいんです!

一年間で一番の大型連休ゴールデンウィーク。日本ならではの休みですよね。

外国にはゴールデンウィークなんてありませんから。

日本人は働き過ぎとよく言いますが、ゴールデンウィークのような大型連休がある日本のサラリーマンは意外と恵まれているのではないかと思う昨今です!

そんなゴールデンウィークですから、旅行に遊びに満喫したいんですよね。

みんなが遊んでいる中、一人自宅でテレビを観て過ごす・・・なんて絶対にイヤです。。そんな過ごし方は定年退職してからしますよ。

若いうちはキャッシングしてもゴールデンウィークを楽しんで、素敵な思い出を作るべきだと私は思っていますよ!

ボーナスで一括返済すればいいだけですから。

ゴールデンウィーク前ってなんで金欠なの?

でも、なぜかゴールデンウィーク前って金欠なんです。。

たぶん、冬のボーナスと夏のボーナスの中間だからだと思います。

冬のボーナスは12月〜3月くらいでなくっちゃうんですよね。。色々な返済とかもあるし、年末年始はとにかく出費が多い季節ですから。。

で、夏のボーナスは8月なので、ゴールデンウィークの3ヶ月先です。

だから、ゴールデンウィークに旅行に行ったり、遊びを満喫したりするためのお金が足りないんですよね^^;

でも、お金がないという理由だけでゴールデンウィークを楽しむことを諦めたりなんてしませんっ!

お金がなければ、借りればいいのですから。今の日本はかなり低金利でお金を借りることができますからねっ!キャッシングしてでも楽しみますよ!

モビットとプロミスで10万円ずつ借りました。

私はモビットプロミスで10万円ずつ、合計20万円を借りました。

なぜ、1社ではなく2社で借りたかと言うと、どっちが安い金利で借りられるか確かめてみたかったからです。

あとは、どっちのスタッフが丁寧かとかも重要ですね。また、お金を借りることだってあるでしょうからね。

あと、どっちが早く銀行口座にお金を振り込んでくれるかとか。

結果的には金利も銀行口座の振込スピードもほぼ変わりませんでした。やっぱり、同じ消費者金融なので似たような仕組みなんでしょうね。

今回ははじめてということもあり、実質金利は15%でした。

銀行口座への振込は翌日のお昼にはお金が入っていました。ちょっとリッチになった気分になってしまいましたね(笑)返済しなくちゃいけないお金ということはわかっているのですが^^;

10万円を実質年率15%で90日間借りた場合の利息は3698円

キャッシングの利息の計算方法は非常にシンプルです。

キャッシングの金利は年率表示なので、以下のような計算式になります。

借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

私の場合は、10万円を実質年率15%で90日間で借りたので・・・

100,000 × 0.15 ÷ 365日 × 90 = 3698.630136.......

小数点以下は切り捨てなので、利息は3698円となります。

10万円を借りて90日後に返済しても、利息はたったの3698円なのです。

消費者金融って予想よりも利息が安くないですか?

たった3698円の利息を払うだけで、ゴールデンウィークを満喫できるのですから!

借りない方が馬鹿だと思うんです。10万円あれば、東南アジアのどこかの国を満喫できます。20万円あれば、さらにショッピングも楽しむことができます!

モビットとプロミスを比較!

ここで改めて、私がお金を借りたモビットとプロミスを比較してみたいと思います。

サービス 融資額 実質年率 備考
モビット
1〜500万円 4.8%〜18.0% 「WEB完結申込」なら申し込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。平日9:00〜14:30までに手続き完了の場合、最短3分でお振込。
プロミス
1〜500万円 4.5%〜17.8% WEB契約なら即日融資も可能。お貸入れ3秒診断。30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

モビットもプロミスも銀行傘下の消費者金融なので十分に信用のある会社です。

お金がないという理由だけで、せっかくのゴールデンウィークを諦めないでください。

他の選択肢があるということを知ってください。利息は前述した通り、たいしたことない金額ですから。

おすすめサイト